結婚後に夫婦間のセックス観の違いを同じにする方法

私は結婚後に妻とのセックス観の違いで悩みました。

単純な話ですが週に3~4回は性生活を持ちたいと思っていた私に対し、妻は月に1~2度でいいと思っていたのです。

お互いが歩み寄るのが一番と思って話をしたこともありましたが、この溝がなかなか埋まらずに私は性的ストレスが溜まっていきました。

改善の方法と言っても回数の差がこれだけあるとどうしようもありません。

ネットで同じ悩みを持つ人がどうやって解消しているのかも調べました。

私が少ない営みで我慢しようとも考えました

妻に多くの回数の夜の営みを強要するのは無理だと思ったので、私は自分が月に1~2度の営みで我慢できるようにしようと考えました。

1回あたりの中身を充実したものにすれば回数が少なくても満足度は高くなるかもしれないとの思いもあったからです。

また、本音ではもっと回数をこなしたい私が少ない回数で我慢してくれることに妻も理解を示してくれてきちんと付き合ってくれると思っていたのです。

しかし現実にはその理想通りにはいきませんでした。

最初の頃は妻もきちんと付き合ってくれていたのですが、だんだんと雑になってきて、最終的にはお風呂に入ってない状態で営みに応じるようにすらなってきました。

結局私は「これでは駄目だ」と限界を感じるようになりました。

改善のきっかけは風俗での性欲解消でした

結局私は妻に内緒でこっそり風俗で発散することで自分の悩みを改善する結論に至りました。

同じ悩みを持つ人がどうしているのかをネットで検索していてこの改善方法に行きついたのです。

もちろん性病などの感染も怖かったのですが、これに関しては予防手段も考えながら遊べば大丈夫とも判断したのです。

また、料金的にも昨今はリーズナブルなお店も多くなっていますので大きな負担にもならないと考えました。

風俗では基本的にゴム付きで遊んでいて、フェラチオなども生でしてもらわないようにお願いしています(病気のリスクを避けるため)。

風俗は妻とのセックスとは違う興奮が楽しめるので、通うようになって性的なストレスはかなり解消されるようになりました。

もっと楽しむ為にはペニス増大サプリもおすすめ!!

セックスレスの解消はこっそり風俗がおすすめです

奥さんとの性生活の不一致で悩みだすと、悩みは深くなっていきます。

そもそもセックス観が違うわけですから無理に合わせようとするとさらにストレスたストレスを生む結果にもなってしまいます。

従ってこの悩みの究極は風俗での発散だと私は考えます。もっとも、奥さんにばれないよう細心の注意は必要ですが、適度に風俗で発散すれば奥さんに必要以上に求めることもなくなり、かえって夫婦関係は上手くいくものです。

ちなみに風俗嬢と言うのは相性のいい人が見つかればいいパートナーになれます。

本番行為は出来なくても奥さんにしてもらえないようなプレイは存分にさせてもらえますので、性的な悩みは相当解消される効果があります。

昨今は風俗店の料金も安くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です