40代でもほうれい線を目立たせないためにできることはある?

私がしているスキンケアは、化粧水の後に保湿クリームを顔、首、デコルテに薄くのばして、マッサージをすることです。

加齢にともなって肌は下へ下へ向いていくので、エイジングケアとして行っています。

やさしく、上へ、外へ向かって、最後はわきのリンパに流していくイメージでマッサージをします。

特に口周りの顔下半分は年齢が出やすいので念入りに斜め上へ流していきます。

お風呂上りすぐにすると温まっているので美肌効果があります。

おすすめアイテム:ハニプラ美容液 口コミ

ハニプラ美容液は今話題の卵殻膜美容液です。

卵殻膜は卵の中の白い膜を原料として作られていますが、アンチエイジング効果が高く、ほうれい線やシワを改善したい人から絶大な支持を得ています。

マッサージをすることで美肌とエイジングケアになります。

加齢にともなってお肌は下向きになり、しわも増えるのが当たり前です。それを少しでも改善することができます。お顔も体の一部ですから筋肉がついています。その筋肉を刺激し、正しい向きに導いてあげることで癖づけできます。何もしなければどんどん下向きになっていく一方です。マッサージをしてあげることでお顔を刺激し、活性化させられます。また、保湿クリームを使うことでマッサージをするときの滑りをよくして、お肌に栄養を与えます。なにもつけずにマッサージをすると肌に摩擦が生じ、皮膚を傷める原因になることがあります。毎日続けることで肌ツヤもよくなります。さらに、その後の化粧のりをよくする効果もあり、ファンデーションが少量できれいにのってくれます。

スキンケアにマッサージを取り入れることで若く見られた。

40代になって、自分の見た目に自信をなくしていました。若いときは化粧も適当でほとんど塗っていないような状態で出社しても特に問題もなく、スキンケアもしたりしなかったり。疲れた時は化粧も落とさず寝てしまうなんてこともありました。それでも肌トラブルもなかったし、それでいいやと思っていました。でも、40代になったころからこのままではマズイかも、と思うように。街中で自分と同世代と思われる女性をふと見たときに、あ、私もこんな感じなのかな?とショックで。キレイとかキレイじゃないとかよりも、不潔な印象を受けたんです。その時に、年齢を重ねるとキレイになる努力をしないと身だしなみすらできていない人になっちゃうんだと感じたのです。それからはまず、スキンケアは怠らないようにしました。

できる範囲でいいから続けること。

高い化粧品をたくさん買って、エステにも行って、となるとお金も時間も続かなくなります。それに、毎日仕事、家事、育児など忙しいのにスキンケアを念入りに、なんてやってられない、一刻も早く寝たいというのが本音ですよね。だから、無理せず、続けられる範囲で十分です。筆者の場合、コスト面では制約が大きいので、安い化粧水やクリームでいいので毎日つける、を徹底しています。そして、マッサージをしています。毎日と言いたいところですができていない日も正直あります。でも、それならそれでいいやとしています。やらなきゃ、と思うとしんどいので。もし余裕があるときがあればいつもより念入りにマッサージをしたり、毛穴の引き締めのためにアイスノンをあててみたりしていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です