ファスティングってどれくらい痩せるの?実際に試して感じた効果をまとめてみた

ファスティングは断食と似ています。

痩せるために食事制限や、運動を増やしたり、ヨガに挑戦しても続かない人にぴったりのダイエット方法です。

また断食というイメージもあるためか、期間中は飲まず食わずで痩せると考えている人もいると思いますが、しっかりとしたやり方を守ることで、内臓からキレイになれるダイエット方法でもあります。

やり方は簡単ですが、強い意志が必要となります。

しかし、ダイエットだけでなく料理にも感心を持つようにもなるので、痩せたい人にはぴったりだと思います。

ファスティングで内臓からキレイに!

毎日三食、間食、夜食……ついつい食べたくなります。
一般的に1日の摂取カロリーは決まっているので、カロリーを上回る消費がない限りはエネルギーが脂肪に変わるだけ……。
でも食べる量は変わらないのは不思議ですよね。

ファスティングは食べる量を調整するだけ!例えば週末にファスティング……何も食べない日を作るのであれば、前日はお粥程度にし、胃を少しずつ休めていきます。
そして断食中はお水、白湯程度にし、普通に過ごします。
終わった日は、胃に負担かけないように優しいメニューにします。

メリットをあげると、料理しない人でも簡単なお粥作れると思います。

また食事以外お金はかかりません。

無理に運動する必要もありません。

休みは普通に過ごしていいのです。

しかも胃を休めることができるので、
便秘にもききます。

ダイエットの成功のカギは自分次第

食事制限するとお菓子を食べたくなったり暴飲暴食しました。
運動始めたら、日頃の運動不足で筋肉痛、疲れて三日坊主……、ヨガはヨガマットを買ってから満足、どのダイエット方法も長続きしませんでした。
そんななか、ファスティングだけは、週末に行うだけでいいので、月に一度から初めて、慣れてきたら増やしていきました。

また週末できなくても他の日に変更で
きるので、ダイエットにはもってこいです。
自分で計画たてて、実行、チェックすることが必要です。

また自分でメニュー考えたりすることも大事なので、料理するようになると思います。
私もカロリーや栄養バランス考えて作るようになりました。

週末だけでもしっかり料理するようになったし、料理の腕もあがりました。

自分が続けられるペースを見つけること。

ファスティングはプチ断食とも言われたりしますが、お腹すいたときってイライラすることがあります。

自分が没頭できる趣味を見つけたりすると、楽しくなると思います。

食費を比べてみるのもいいですね!
体が軽くなると、運動してみようと気持ちにもなります。

最初は辛いかもしれないけど、そのあとの食事が美味しく感じます。

食べるありかたさを感じます。

自分がいかに健康であるか感じます。

頑張りすぎず、張り切りすぎず、日常生活の食事をちょこっと変えるだけです。
初めはゆっくり、ゆっくりでいいのです。
誰にも邪魔されません。

料理ができなければ、お母さんに手伝ってもらったり、いまは動画があります。
一人じゃないのはダイエットの共通ルールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です